V.A. / HELLO YOUNG LOVERS / MLP /

¥2,500

在庫あり

説明

(JPN / CRUE-L / KYTHMAK 008T / 1993 / MEDIA:VG スレあるため試聴でご確認ください / JACKET:VG+)

1993年、CRUE-Lバンド達によるソウル・カヴァー企画盤!”さあ、大きなスピーカーで、大きな音で聴こう、何度も!”
KAHIMI KARIE「TAKE IT EASY MY BROTHER CHARLY」(ASTRUD GILBERTO)、LOVE TAMBOURINES「NEVER CAN SAY GOODBYE」(JACKSON 5)、FAVOURITE MARINE FEATURING WACK WACK HORNS「IT’S A LONESOME ROAD」(HEARTS OF STONE)、MUSEUM OF PLATE「LOVE」(FATBACK BAND)、FREEDOM SUITE「WHY CAN’T WE BE LOVERS」(LAMONT DOZIERTIMMY THOMAS)の5曲+「INTRO」含む全6トラック。RESPONDレーベルの『LOVE THE REASON』を彷彿させるようなソウルへの愛と先進性が詰まっており、1993年の東京で産まれたこの選曲、演奏、アレンジ、アプローチ。関係者達の写真に、”THE LOVE PARADE”や”THE FAITH”などのイヴェント・ロゴ/フライヤー、MOONFLOWERSやBEATS INTERNATIONAL、JANETT SILVERAのレコードなどが切り貼りコラージュされた裏ジャケットのアートワーク、冒頭のシャウトアウト「INTRO」を改めて聴いてグッときます。


TRACKLIST
A1 –INTRO 1:11
A2 –KAHIMI KARIE TAKE IT EASY MY BROTHER CHARLY 3:53
A3 –LOVE TAMBOURINES NEVER CAN SAY GOODBYE 6:01
B1 –FAVOURITE MARINE FEATURING WACK WACK HORNS IT’S A LONESOME ROAD 3:30
B2 –MUSEUM OF PLATE LOVE 6:15
B3 –FREEDOM SUITE WHY CAN’T WE BE LOVERS 5:03